ハリファックス – ノバスコシア州のコロナウイルスと入国制限 最新情報

eTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ハリファックス – ノバスコシア州のコロナウイルスと入国制限 最新情報

  • ノバスコシア州
  • ハリファックス
  • 入国制限
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

目次

ハリファックス – ノバスコシア州の渡航・入国制限

ハリファックス – ノバスコシア州の新型コロナウイルス対策

ノバスコシア州では新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために公衆衛生対策が講じられています。州内では以下の公衆衛生対策を遵守しなければなりません。

  • 咳やくしゃみをする際はティッシュなどで口元を覆うこと
  • 顔には手を洗い、清潔な状態で触れること
  • 石鹸での手洗いや手指の消毒をこまめに行うこと
  • 他人とは2メートル以上の社会的距離を保つこと
  • 社会的距離を保つことが困難な場合や屋内の公共スペースではマスクを着用すること
  • 体調不良の場合は自宅待機を行うこと

マスク着用義務

ノバスコシア州では屋内の公共施設や公共交通機関でのマスク着用義務を施行しています。マスクの代わりとしてフェイスシールドを使用することは認められません。着用義務は2歳未満の子供またはマスク着用が困難な2~4歳までの子供、障害により着用が困難な方、イベントのパフォーマーや司会者などの条件を満たす方に限り免除されます。詳細は州公式サイトのマスク着用要件をご確認ください。

ハリファックス – ノバスコシア州の検疫体制

カナダでは一部対象者を除き海外渡航者の入国を禁止しています。入国条件に関する詳細は“カナダ渡航を計画中の方へ”をご確認ください。
ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ニューブランズウィック州の居住者または仕事や通学など必須の理由がある場合に限り入州が認められます。原則として全ての入州者に対し14日間の自己隔離を義務付けていますが、近親者の終末期ケア、葬儀を目的として訪れる方は一部の隔離措置が緩和される場合があります。該当する渡航者は州政府へ免除リクエストをメールで送信する必要があります。

※2021年6月23日よりカナダ大西洋州の居住者に対する入州制限が緩和されました。プリンスエドワードアイランド州およびニューファンドランド・ラブラドール州から入州する際は自己隔離が不要となります。ニューブランズウィック州からの入州はワクチン接種の状況により自己隔離期間の要件が異なります。

ノバスコシア州の州境制限

ノバスコシア州は入州者に対し自己申告書“Nova Scotia Safe Check-in Form”の提出を義務付けています。事前にオンラインで自己申告書の提出を行う必要があり、入州時には提出後に送信される確認メールと身分証明書を提示することで入州が許可されます。身分証明書となる書類は免許証、政府発行の証明書、パスポート、自宅住所が記載された銀行の取引明細や公共料金の支払い明細書のみ認められます。なお、検疫の免除要件に該当する渡航者は自己申告書の提出は必要ありません。

※プリンスエドワードアイランド州およびニューファンドランド・ラブラドール州から入州する際は自己申告書の提出が不要となります。

ノバスコシア州内の制限措置についての詳細は州政府公式サイト、他州で施行中の州境制限に関する情報はカナダの新型コロナウイルスと入国制限と最新情報より確認してください。

ノバスコシア州の新型コロナウイルス感染状況(2021年6月25日更新)

6月24日現在、カナダ国内およびノバスコシア州内における新型コロナウイルスの累計感染者数は以下の通りです。

カナダ国内:1,411,634人

ノバスコシア州:5,798人(前日比+5人)

  • 現在の感染者数:59人(前日比-1人)
  • 累計死亡者数:92人
  • 回復者数:5,647人(前日比+6人)
  • 検査実施件数:921,604件(前日比+3,868件)

ハリファックス(ノバスコシア州中央地域):4,612人(前日比+5人)

  • 現在の感染者数:41人(前日比-1人)
  • 累計死亡者数:82人
  • 回復者数:4,489人(前日比+6人)

ハリファックス – ノバスコシア州の新型コロナウイルス最新ニュース

新型コロナウイルスの世界的流行により、カナダ各州では独自の規制や取り組みを導入しています。ノバスコシア州で施行中の公衆衛生対策や検疫状況などについての最新情報を事前にご確認ください。

6月23日よりカナダ大西洋州からの入州制限を緩和(6月24日配信)

州政府は6月23日よりカナダ大西洋州(プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ニューブランズウィック州)からの入州制限を緩和しました。ノバスコシア州では居住者または仕事や通学など必須の理由がある場合を除き入州が禁止されていましたが、カナダ大西洋州の居住者は理由を問わず入州が認められます。また、プリンスエドワードアイランド州およびニューファンドランド・ラブラドール州から入州する際は自己申告書“Nova Scotia Safe Check-in Form”の提出と自己隔離が不要となります。ただし、ニューブランズウィック州からの入州では自己申告書の提出が引き続き求められ、ワクチン接種の状況により自己隔離期間が異なります。

  • ノバスコシア州に到着する少なくとも14日前までに2回のワクチン接種を完了している場合、到着時のPCR検査が陰性と判断されるまで自己隔離が必要となります。
  • ノバスコシア州に到着する少なくとも14日前までに1回目のワクチン接種を完了している場合、到着時と5~6日目の2回のPCR検査が陰性と判断されるまで自己隔離が必要となります。
  • ワクチンが未接種またはノバスコシア州に到着する14日以内に1回目のワクチンを接種した場合、14日間の自己隔離が義務付けられます。

ワクチン接種証明書の提出方法は自己申告書フォームでのアップロードとなります。PCR検査はハリファックス・スタンフィールド国際空港(YHZ)に到着する場合、1回目の検査を空港にて受診できます。
州政府はカナダ大西洋州外からの入州制限を上記のニューブランズウィック州と同条件で6月30日より緩和すると発表しています。ノバスコシア州の入州制限について詳しくは州公式ページをご確認ください。

6月16日より再開計画の第2段階が開始(6月16日配信)

州政府は感染者数と入院者数の減少、ワクチン接種率の上昇に伴い、6月16日より再開計画(Reopening Safely-plan)を第2段階へ移行しました。集会制限の緩和や飲食店の店内営業の再開など、主に以下の制限措置が緩和されます。

  • 個人的な集まりは屋内で10人、屋外で25人までの参加が認められます。
  • レストランやバーなどの飲食店は店内での営業再開が認められます。ただし、飲食時以外はマスク着用が求められ、同テーブルの着席は最大10人までとなります。
  • 全ての小売店は収容人数の50%以下で営業が認められます。
  • ジム、ヨガスタジオ、プールなどの屋内スポーツ施設は収容人数の50%以下で運営が認められます。
  • 美術館、図書館は収容人数の25%以下で再開が認められます。

また、州政府は6月23日よりカナダ大西洋州(プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ニューブランズウィック州)からの入州制限を緩和すると発表しました。カナダ大西洋州の居住者は、入州の際に14日間の自己隔離が不要となります。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

ハリファックス・スタンフィールド国際空港に新型コロナウイルス検査場がオープン(6月8日配信)

6月8日より、ハリファックス・スタンフィールド国際空港(YHZ)では新型コロナウイルス検査場がオープンしました。同空港へ到着する旅行者は、検査の受診が可能となります。検査場は午前10時から午後8時までとなり、時間外に到着する場合は自己検査キットを受け取り48時間以内に検査センターへ提出する必要があります。空港での検査は義務ではなく希望者のみ対象となりますが、州政府は全ての入州者に対し到着日~2日目に1回目、12日~14日目に2回目の検査の受診を推奨しています。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

6月2日より再開計画の第1段階が開始 飲食店はパティオがオープン(6月3日配信)

州政府は6月2日より再開計画(Reopening Safely-plan)の第1段階を開始しました。主に以下の制限緩和が実施されています。

  • 理容室や美容院などの個人サービス業は予約制で再開が認められます。
  • レストランやバーなどの飲食店はパティオ(屋外席)での営業が条件付きで認められます。
  • 全ての小売店は収容人数の25%以下で営業が認められます。
  • 屋外での個人的な集まりは固定のメンバー最大10人までの参加が認められます。
  • スポーツジムやレクリエーション施設は屋外で最大10人での活動、屋内では個人レッスンが認められます。

なお、他地域への移動制限はハリファックス、ケープ・ブレトンを除き解除され、地域間の往来が許可されています。再開計画の詳細は州公式ページをご確認ください。

再開計画を発表 6月2日より第1段階を開始予定(5月31日配信)

州政府は5段階で制限措置を緩和する再開計画(Reopening Safely-plan)を発表しました。第1段階は6月2日より開始となり、多くのビジネスの再開や屋外での集会制限、入州制限の緩和などが予定されています。また、他地域への移動はハリファックス、ケープ・ブレトン地域を除き認められます。
各段階には2~4週間留まり、ワクチン接種率や感染状況などにより次の段階への移行が判断されます。現在、ノバスコシア州ではワクチン対象者の約53%が少なくとも1回目の接種を終えていますが、60%が1回目の接種を完了することが第2段階への移行条件とされています。再開計画の詳細は州公式ページをご確認ください。

5月10日より入州制限を強化(5月10日配信)

州政府はウイルスの蔓延を防ぐために入州制限を強化しました。5月10日よりノバスコシア州の居住者と仕事や通学など必須の理由がある場合のみ入州が許可されます。他州から葬儀へ出席するために訪れることは認められず、近親者の終末期ケアで入州を希望する場合は事前に承認を得る必要があります。
また、5月8日より店舗での生活必需品の購入を1世帯当たり代表者1名で行うよう制限されています。4月28日より対面販売は生活必需品のみに限られており、州政府はオンラインでの購入や配達サービスの利用を推奨しています。
ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

州全域でロックダウンを実施(4月28日配信)

州政府は感染者の急増を鑑みて、州全域でロックダウンを実施すると発表しました。4月28日より2週間、以下の制限措置が講じられます。

  • 同世帯者以外との集まりは禁止となります。
  • イベントやフェスティバルの開催は禁止となります。
  • 結婚式や葬儀は5人までの参列が認められます。
  • 小売店は生活必需品のみ対面販売が認められ、収容人数は25%以下となります。
  • レストランやバーなどの飲食店はテイクアウト、配達サービスのみ認められます。
  • 美容院や理容室、スパなどは閉鎖となります。
  • 屋内のフィットネス、スポーツ、レクリエーション施設は閉鎖となります。
  • 屋外でのスポーツやレクリエーション活動は社会的距離の保持を条件に最大5人で行うことが認められます。
  • 美術館、図書館は閉鎖となります。

ノバスコシア州では変異株の感染が急速に拡大しており、現地時間4月27日の新規感染者は過去最高となる96人確認されました。州政府はウイルスの蔓延を防ぐため、他地域への移動を控えるよう呼びかけています。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

ロックダウン地域以外の制限措置を強化(4月26日配信)

4月23日よりロックダウンが実施されているハリファックス地域とその周辺地域以外の制限措置を強化しました。4月25日より集会は屋内外ともに10人までの参加となり、仕事や通学、医療機関への受診以外の理由で他地域へ移動することが禁止となります。
また、新型コロナウイルスに関する制限措置に違反した際の罰則が強化されました。違反者への罰金は1,000カナダドルから2,000カナダドルへ引き上げられます。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

ハリファックスとその周辺地域においてロックダウンを実施(4月23日配信)

州政府は感染者が増加していることを鑑みて、ハリファックス全域とHubbards、Milford、Lantz、Elmsdale、 Enfield、South Uniacke、Ecum Secum、Trafalgar地域において4月23日よりロックダウンを実施すると発表しました。実施期間は4週間を予定しており、主に以下の措置が講じられます。

  • 集会は屋内外ともに5人までの参加となります。
  • イベントやフェスティバルの開催は禁止となります。
  • 結婚式や葬儀の参列は5人までとなります。
  • 飲食店は店内でのサービスが禁止となります。
  • 小売店やショッピングモールの収容人数は25%以下に制限されます。
  • 美容院や理髪店、スパなどの個人サービス業は閉鎖となります。
  • スポーツジム、ヨガスタジオ、プール、テニスコートなどの屋内スポーツ施設は閉鎖となります。
  • ボウリングやダーツなど屋内のレクリエーション施設は閉鎖となります。
  • 美術館、図書館は閉鎖となります。

ノバスコシア州では現地時間4月22日に1日あたりの新規感染者が過去最高となる38人確認されました。 ハリファックスを中心に感染者が急増しており、州の最高医療責任者は「感染拡大を防ぐために迅速に行動します」とコメントしています。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

他州での変異株流行に伴い入州制限を強化(4月21日配信)

州政府は他州での変異株の感染状況を鑑みて、4月22日より入州制限を強化すると発表しました。ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、州境沿いの地域の居住者と仕事や通学など必須の理由がある場合を除き入州は禁止となります。なお、カナダ大西洋州外から葬儀や結婚式への参列は認められず、近親者の終末期ケアで入州を希望する場合は事前に承認を得る必要があります。詳しくは州の公式ページをご確認ください。

ニューブランズウィック州からの入州制限を再び強化へ(4月14日配信)

州政府はニューブランズウィック州の感染状況を鑑みて、3月20日に解除した当州からの入州制限を再び導入すると発表しました。ニューブランズウィック州ではエドマンズトン地域にて感染者数が急増し、4月11日よりロックダウンが実施されている状況です。4月15日よりニューブランズウィック州からの入州者は自己申告書の提出と14日間の自己隔離が義務付けられます。ノバスコシア州の入州制限に関する詳細は州の公式ページをご確認ください。

ニューファンドランド・ラブラドール州からの入州制限が解除(4月8日配信)

2月10日よりニューファンドランド・ラブラドール州からの入州制限が強化されていましたが、4月6日を以って解除されました。ニューファンドランド・ラブラドール州の居住者は、入州の際に14日間の自己隔離および自己申告書の提出が免除となります。
また、州政府は州全域で施行している制限措置を一部緩和しました。

  • ショッピングモール、小売店、フィットネス施設は社会的距離の保持を条件に収容人数の制限が撤廃されます。
  • 演劇などの文化的活動やスポーツの練習、リハーサル、試合は最大75人で行うことが認められます。

ノバスコシア州では現地時間4月7日の新規感染者数が2人、現在の感染者数が37人となっており、感染状況は落ち着いています。ただし、他州で感染者が急増していることから、州政府は感染対策を継続するよう市民へ呼びかけました。ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

ニューブランズウィック州からの入州制限が解除 (3月20日配信)

1月9日よりニューブランズウィック州からの入州制限が強化されていましたが、3月19日を以って解除されました。ニューブランズウィック州から入州する際は14日間の自己隔離および自己申告書の提出が免除となります。
また、州政府はハリファックス地域などで施行していたイベント禁止などの措置を解除しました。3月20日より州全域では主に以下の制限措置が講じられます。

  • 集会人数は屋内外ともに10人までとなります。
  • 飲食店はサービスの提供が午後11時まで、営業時間は午前0時までとなります。
  • フィットネス施設は2メートルの社会的距離を保持することを条件に、収容人数が75%以下で営業が認められます。
  • イベントは屋外で最大150人、屋内では収容人数の50%以下かつ最大100人での開催が認められます。
  • 小売店やショッピングモールは公衆衛生対策を遵守することを条件に、収容人数が75%以下での営業が認められます。
  • スポーツや演劇などの練習は最大60人の参加が可能となります。

なお、ワクチン接種も進められており、3月22日時点で80歳以上の全ての居住者が接種の対象となる予定です。ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

ハリファックス地域における制限解除について(3月8日配信)

州政府は2月26日より施行したハリファックス地域における制限措置を解除しました。レストランやバーなどの飲食店は以前の条件へ戻り、サービス提供が午後10時まで、営業時間は午後11時までとなります。集会制限も緩和され、舞台やコンサート、スポーツの試合などの観客動員が認められます。
なお、州政府は3月7日を期日としていた緊急事態宣言を3月21日まで延長しました。現地時間3月7日には新規感染者が2人、現在の感染者数は29人となっています。ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

ハリファックス地域における制限強化について(3月1日配信)

州政府は新規症例の増加を鑑みて、2月26日よりハリファックス地域における制限措置を強化しました。

  • レストランやバーなどの飲食店はサービス提供が午後9時までとなり、営業時間は午後10時までとなります。
  • イベントやフェスティバルの開催は禁止となります。
  • 結婚式や葬儀の参列は10人までとなります。
  • 礼拝など宗教に関する集会は屋外で150人、屋内は収容人数の50%以下かつ100人までの参加が認められます。

また、州政府はハリファックス地域、ハンツ群、ルーネンバーグ群への出入りを控えるよう要請しています。詳しくは州公式ページをご確認ください。

ニューファンドランド・ラブラドール州からの入州制限強化について (2月10日配信)

州政府はニューファンドランド・ラブラドール州における感染者増加を鑑みて、同州からの入州制限を2月10日より強化しました。ニューファンドランド・ラブラドール州からの入州者は、自己申告書“Nova Scotia Safe Check-in Form”の提出と到着後14日間の自己隔離が義務付けられます。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

制限措置の一部緩和について (2月9日配信)

州政府は2月8日より州全域で施行されている制限措置を一部緩和しました。

  • 小売業は収容人数が最大75%まで営業が認められます。
  • フィットネス施設は収容人数を75%までとし、運動時に人との距離を3メートル以上保持することを条件に営業が認められます。
  • 芸術や文化、スポーツ、レクリエーション、フェスティバル、披露宴などのイベントの開催が認められます。屋外では最大150人、屋内では収容人数50%かつ最大100人までとなり、酒類の提供は午後10時、終了時間は午後11時に制限されます。ただし、個人的な集まりは引き続き最大10人までとなります。

ノバスコシア州では新規感染者が減少しており、現在の陽性者は8人となっています。州首相は「新規症例が減少しているため、マスク着用や社会的距離の保持など公衆衛生対策を維持しながらいくつかの制限を緩和します」と説明しました。詳しくは州公式ページをご確認ください。

制限措置の一部緩和について (1月23日配信)

州政府は州全域で施行している一部の制限措置を1月25日より緩和すると発表しました。スポーツの試合や演劇などの芸術および文化的なパフォーマンスは無観客でのみ開催が認められます。なお、以下の措置は州全域で引き続き施行されます。

  • 個人宅での集会は住人を含め10人までとなります。
  • 飲食店でのサービス提供は午後10時までとなり、午後11時に閉店となります。
  • 商業店舗の店内人数は50%以下となります。
  • 礼拝所や結婚式、葬儀は屋外で最大150人、屋内では収容人数の50%以下かつ最大100人までとなります。
  • イベントやフェスティバルの開催は禁止となります。

なお、州保健局は現地時間の1月22日、昨年12月に同州で確認された2つの症例がイギリスと南アフリカの変異種と特定されたと発表しました。いずれもカナダ国外からの渡航に関連しているということです。
ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

ニューブランズウィック州からの入州制限強化について (1月12日配信)

州政府はニューブランズウィック州での感染者増加に伴い、当州からの入州者に対し原則として14日間の自己隔離を義務付けました。エッセンシャルワーカーなどは免除となります。自己隔離が義務付けられる対象者は、入州の際にオンラインでの自己申告書“Nova Scotia Safe Check-in Form”への入力が求められます。

ハリファックス地域の制限緩和について (1月5日配信)

州政府はハリファックス地域における飲食店の営業に関する制限を一部緩和しました。1月4日よりレストランやバーなどの飲食店はサービス提供を午後10時、営業時間を午後11時までとすることを条件に店内での営業再開が認められます。
ノバスコシア州の新型コロナウイルスへの対応は州公式ページをご確認ください。

緊急事態宣言を1月10日まで延長 (12月28日配信)

州政府は12月27日を期日としていた緊急事態宣言を1月10日まで延長しました。ノバスコシア州では11月26日よりハリファックス西部・中央部において制限措置が強化されており、集会制限や屋内施設の閉鎖、飲食店の店内営業禁止などの措置が講じられています。最新の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

ホリデーシーズン中の制限措置について (12月18日配信)

州政府はホリデーシーズン中の制限措置について発表しました。12月21日~1月10日まで州全域で主に以下の措置が講じられます。

  • 個人宅での集会は住人を含め10人までとなります。
  • イベントやフェスティバルの開催は禁止となります。
  • 礼拝所や結婚式、葬儀は屋外で最大150人、屋内では収容人数の50%以下かつ最大100人までとなります。
  • 飲食店でのサービス提供は午後10時までとなり、午後11時に閉店となります。

ハリファックス地域にて11月26日より講じられている措置は継続となりますが、一部措置が緩和され美術館や図書館、フィットネス施設などの再開が認められます。

なお、州政府は12月13日を期日としていた緊急事態宣言を12月27日まで延長しました。ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報はこちらをご確認ください。

緊急事態宣言を12月13日まで延長 (11月30日配信)

州政府は11月29日を期日とする緊急事態宣言を12月13日まで延長しました。同州では11月29日に新規感染者が10人確認され、現在の陽性者は125人と報告されています。感染者が増加しているハリファックス西部および中央部では26日より新たな措置が講じられました。飲食店はテイクアウトや配達サービスのみとなり、フィットネス施設やレクリエーション施設が閉鎖されています。また、州政府は当地域やカナダ大西洋州への不要不急の移動を控えるよう州民へ要請しています。

ハリファクス西部・中央部での新たな制限措置について (11月26日配信)

州政府はハリファックス西部および中央部において新たな制限措置を施行すると発表しました。11月26日より講じられる主な措置は以下の通りです。

  • 公共のスペースでの集会は5人までとなります。
  • マスク着用義務の対象範囲が拡大され、アパートやコンドミニアムなど集合住宅の共有エリアでもマスク着用が義務となります。
  • レストランなどの飲食店はテイクアウトや配達サービスのみとなります。
  • 商業店舗の店内人数は25%以下となります。
  • フィットネス施設やレクリエーション施設、美術館、図書館、カジノ等は閉鎖となります。
  • グループで行われるスポーツ、芸術および文化活動は禁止されます。

なお、州政府は州民に対しハリファックス西部および中央部や他のカナダ大西洋州への不要不急の移動を控えるよう要請しています。ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報はこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を11月29日まで延長 (11月16日配信)

州政府は11月15日を期日としていた緊急事態宣言を11月29日まで延長しました。現地時間11月15日の時点でノバスコシア州には21人の感染者がおり、14日には2人の新規感染者が確認されています。州の最高医療責任者は「他州で見られたように感染者が瞬く間に急増する可能性があります」と述べ、「社会活動を制限し、手洗いや社会的距離の保持など感染予防に努めてください」と市民へ呼び掛けました。

カナダ大西洋州外からの入州者に対する自己隔離措置を強化 (11月11日配信)

州政府は新たなクラスターが確認されたことを受け、入州の際の自己隔離要件を強化しました。ノバスコシア州ではカナダ大西洋州(ニューファンドランド・ラブラドール州、ニューブランズウィック州、プリンスエドワードアイランド州)以外からの入州に対し、原則として14日間の自己隔離を義務付けています。今後は入州者のみでなく、自己隔離を行う家庭にいる全ての方が対象となり訪問者を迎えることも禁止となります。スティーブン・マクニール州首相は、「カナダの他の地域で感染者が急増しているため、この措置を講じる必要があります」と市民へ理解を求めました。

緊急事態宣言を11月15日まで延長 (11月2日配信)

ノバスコシア州政府は11月1日を期日としていた緊急事態宣言を11月15日まで延長しました。現地時間11月1日の発表では累計感染者数1,111人、死者65人、新たに確認された感染者は2人となっています。州政府は引き続き手洗いや社会的距離の保持、マスク着用など基本的な衛生対策を遵守するよう市民へ呼び掛けています。ノバスコシア州の新型コロナウイルスへの対応はこちらのページをご確認ください。

ニューブランズウィック州キャンベルトン地域への訪問自粛を要請 (10月26日配信)

ノバスコシア州政府はニューブランズウィック州キャンベルトン地域の感染者増加に伴い、当地域への訪問を控えるよう州民へ要請しました。キャンベルトン地域では10月23日より制限が強化され、同世帯以外との交流が禁止されています。州政府は当地域への不要不急の移動を控えるよう推奨するとともに、近隣州への訪問時には社会的距離の保持やマスク着用、手洗いなど公衆衛生対策を遵守するよう呼び掛けています。
なお、10月18日が期日とされていた緊急事態宣言は11月1日まで延長されています。ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報はこちらのページをご確認ください。

飲食店に対する制限措置を緩和 (10月20日配信)

州政府は10月16日より飲食店に対する制限措置を緩和しました。レストランなどの飲食店や酒類販売免許を取得したバー、ワイナリーなど飲酒を伴う施設はサービスの提供が午前1時までとなり、午前2時までの営業が認められます。
なお、10月18日を期日としていた緊急事態宣言が11月1日まで延長されました。週末にエア・カナダのフライトに関連する症例が数件報告されましたが、現地時間10月19日の発表では新規感染者は確認されていません。累計感染者数は1,097人、陽性者は6人、死者は65人となっています。
ノバスコシア州の新型コロナウイルスに関する情報はこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を10月18日まで延長 (10月5日配信)

州政府は10月4日を期日としていた緊急事態宣言を10月18日まで延長しました。現地時間10月3日の発表では州内で新規感染者は確認されておらず、累計感染者数は1,089人、死者65人となっています。制限措置は段階的に緩和され、10月1日より舞台芸術やスポーツの試合は50人を上限として社会的距離を保持せずに行うことが認められました。なお、ノバスコシア州では7月より公共交通機関や屋内の公共スペースにおいてマスク着用が義務付けられています。 ノバスコシア州の新型コロナウイルスへの対応はこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を10月4日まで延長 (9月23日配信)

州政府は9月20日を期日としていた緊急事態宣言を10月4日まで延長しました。現地時間9月22日の発表によると、新型コロナウイルス累計感染者数は1,087人、死者数65人、新規感染者数は1人となっています。制限措置は段階的に緩和されており、9月28日より介護施設の居住者に対する外出許可、10月1日より舞台芸術鑑賞やスポーツ観戦での人数制限緩和などが予定されています。
ノバスコシア州の制限措置について詳しくはこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を9月20日まで延長 (9月7日配信)

州政府は9月6日を期日としていた緊急事態宣言を9月20日まで延長しました。州による最新の発表では、これまでの新型コロナウイルス陽性者数は計1,085名、回復者数1,017名、死亡者65名となっており、9月1日以降に新規感染者は確認されていません。
なお、制限措置は段階的に緩和され、8月26日より長期介護施設への訪問制限などに変更がありました。公共交通機関や屋内の公共スペースでは引き続きマスク着用が義務付けられています。
ノバスコシア州の制限措置について詳しくはこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を9月6日まで延長 (8月25日配信)

ノバスコシア州は8月23日を期日としていた緊急事態宣言を9月6日まで延長しました。州政府は市民に対し手洗いや社会的距離の保持などの衛生対策を実施するよう強く要請しています。なお、現在は公共交通機関内と屋内の公共スペースにおいてマスク着用が義務化されています。

緊急事態宣言を8月23日まで延長 (8月12日配信)

ノバスコシア州は8月9日を期日としていた緊急事態宣言を8月23日まで延長しました。州政府は市民に対し、引き続き手洗いやマスク着用などの公衆衛生対策を徹底するよう呼び掛けています。
緊急事態宣言に関する詳細はこちらをご確認ください。

7月31日より屋内の公共スペースにおいてマスク着用を義務化 (7月28日配信)

ノバスコシア州は7月31日より屋内の公共スペースにおいてマスク着用を義務化することを発表しました。州首相は「経済活動を再開させるにあたり、マスクは重要なツールである」と述べています。商業施設やスポーツ施設、飲食店などあらゆる屋内スペースがマスク着用義務の対象となりますが、2歳未満の子どもや健康上の理由などにより着用が困難な方は免除されます。
マスク着用義務に関する詳細はこちらをご確認ください。

7月24日より公共交通機関でのマスク着用を義務化 (7月21日配信)

ノバスコシア州は7月24日より市営バスやフェリー、スクールバス、タクシーなどの公共交通機関においてマスク着用を義務化することを発表しました。2歳未満の子どもと健康上の理由などによりマスクの着用が困難な方は免除されます。
州政府は公共交通機関だけでなく、他の公共スペースにおいてもマスク着用の義務化を検討中であるとしています。
ノバスコシア州におけるマスク着用に関する情報はこちらをご確認ください。

緊急事態宣言を7月26日まで延長 (7月14日配信)

ノバスコシア州は7月12日を期日としていた緊急事態宣言を7月26日まで延長することを発表しました。州政府は「市民の健康と安全を守りビジネスやサービスを安全に再開するため」と延長の理由を説明しています。また、引き続き手洗いの慣行など公衆衛生対策の徹底を要請し、社会的距離の保持が困難な場所ではマスク着用を遵守するよう強く呼び掛けています。

ノバスコシア州のビジター・インフォメーション・センターが再開 (7月14日配信)

州内にある5つのビジター・インフォメーション・センターが7月10日より再開し、旅行者をサポートするため対面でのサービスを提供しています。新型コロナウイルスの感染防止対策として社会的距離の確保、飛沫防止のためのアクリル板の設置、清掃や消毒作業の強化などを行っています。
ノバスコシア州ビジター・インフォメーション・センターについての詳細はこちらをご確認ください。

カナダ大西洋州外からの入州者に向けた事前申告書をオンラインで公開 (7月9日配信)

ノバスコシア州はカナダ大西洋州外から訪れる入州者に対し申告書の提出を要請していますが、7月7日よりオンライン上での記入が可能となりました。オンライン上では記入のみとなり、申告書は入州時に提出する必要があります。申告書には自己隔離中の滞在先住所と連絡先を記入する必要があり、隔離期間中は州の職員による電話連絡が毎日行われます。1日に3回連絡しても応答がない場合には警察による対面での確認が行われ、自己隔離の要件を満たしていないと判断された場合には罰金を科すとしています。
カナダ大西洋州外からの入州に関する詳細はこちらをご確認ください。

カナダ大西洋州からノバスコシア州への入州について (7月8日配信)

7月3日よりカナダ大西洋州(ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューブランズウィック州、ニューファンドランド・ラブラドール州)での移動制限が緩和されました。大西洋州の市民が州を越えて移動する際に義務付けられていた14日間の自己隔離は同日を以て撤廃となります。ただし、州外からノバスコシア州へ入州する際は州境や空港にて運転免許証や政府発行の身分証明書、保険証または公共料金の請求書などの提示が求められます。

7月3日より制限緩和を発表 (6月30日配信)

ノバスコシア州は6月26日、新規感染者の減少を受け7月3日より制限を緩和することを発表しました。
緩和される主な内容は以下の通りです。

  • イベントや集会の人数制限が拡大され屋内は200人、屋外は250人まで認められます。
  • コンサートや礼拝などの集会や、映画館などの再開が認められます。
  • レストランやバーは適切なテーブル間隔の維持を条件として午前1時までの営業が許可されます。
  • キャンプ場はこれまでの制限が撤廃され営業の再開が認められます。

イベントや集会の人数制限は緩和されましたが、個人による私的な集会は引き続き最大50人までの制限が適用されます。
制限緩和についての詳細はこちらをご確認ください。

規制緩和計画の第2段階を6月5日から開始 (5月27日配信)

規制緩和計画の第1段階が施行されているノバスコシア州は、第2段階の開始日を6月5日に決定すると発表しました。 社会的距離の保持の遵守、スタッフおよび顧客のための清掃や保護対策を強化することを条件に以下の営業再開が許可されます。

  • レストラン(テイクアウトやデリバリーに限る)
  • バー、ワイナリー、蒸留所、タップルーム
  • 個人サービス業(ヘアサロン、理髪店、スパ、ネイルサロン、ボディーアート施設など)
  • フィットネス施設(ジム、ヨガスタジオ、クライミング施設など)
  • 獣医師
  • self-regulated health professions(歯科、眼科、カイロプラクティック、理学療法など)
  • 医療専門職(マッサージ療法、自然療法など)

規制緩和計画の第2段階に関する詳細はこちらをご確認ください。

規制緩和計画の第1段階を発表(5月1日配信)

スティーブン・マクニール首相と保健医療最高責任者のロバート・ストラン博士は、新型コロナウイルスに関する公衆衛生上の制限を緩和することを発表しました。ただし、社会的距離を保つことや5人以上の集会を禁止とする公衆衛生命令は今後も継続となります。
現地時間5月1日15時から以下の緩和措置が開始されます。

  • 州営、市営公園の開放(スポーツグラウンドや校庭を含む)
  • トレイルの開放
  • コミュニティ広場の開放
  • ガーデンセンター、託児所および類似の小規模事業の再開
  • スポーツフィッシングの解禁(フィッシングイベントの開催は引き続き禁止)
  • ボートのメンテナンスを目的としたボート、ヨットおよびセーリングクラブの再開
  • ゴルフ練習場の再開(ゴルフコースは引き続き閉鎖)
  • プライベートコテージの使用解禁
  • 公営、私営キャンプ場の再開に向けたメンテナンスの再開
  • ドライブインでの宗教サービスの提供再開(車外に出ることは禁止)

なお、第2段階の開始や詳細については検討中となりますので、最新情報をご確認ください。規制緩和計画について詳しくはこちらをご確認ください。

ハリファックス - ノバスコシア州のコロナウイルスと入国制限 最新情報

ノバスコシア州 概要

カナダ東部に位置するノバスコシア州はおよそ97万人が暮らしているカナダ大西洋州(ニューブランズウィック州、プリンスエドワードアイランド州、ノバスコシア州、ニューファンドランド・ラブラドール州)の中心地です。大西洋に囲まれた半島であり、シグネクト地峡で本島のニューブランズウィック州に繋がります。かつては漁業が栄えた地域でしたが、現在は農業や鉱業なども経済の大部分を占めます。国内5つの地域のみで育つ“ワイルドブルーベリー”の産地としても知られ、国内随一の生産量を誇ります。そのほかにも、ノバスコシア州は世界遺産の“ジョギンズ化石断崖”と“ルーネンバーグ旧市街”を活用した観光産業や映画産業にも尽力しています。気候は他州と比較しても過ごしやすい地域です。冬には“スノーストーム”と呼ばれる短時間の雪嵐が吹き荒れることがありますが、内陸部と比べると積雪量は多くありません。また、夏の時期は台風の発生頻度も少なく、湿度が低いため涼しく感じられます。一年を通して朝晩の気温差が大きいため、冬以外の時期でもカーディガンや薄手のアウターなど上着を用意することをおすすめします。

ノバスコシア州首相スティーヴン・マクニール
州面積55,284平方キロメートル
人口約97.14万人
州都ハリファックス
日本との時差-13時間
州政府公式サイトhttps://beta.novascotia.ca/

ハリファックス / Halifax

ノバスコシア州の南東部に位置する州都“ハリファックス”は、カナダ大西洋州最大となる文化・経済の中心都市です。ハリファックス湾に面した広大な港は、地形を活用した港の中で世界第二位の規模を誇ります。港周辺のダウンタウンでは1701年~1900年に建築された歴史ある建物が商業施設として利用され、街全体にノスタルジックな雰囲気が漂います。ハリファックスはマリンスポーツなど自然の中でアクティビティが楽しめるスポットが点在するほか、“赤毛のアン”の作者であるモンゴメリが学生時代を過ごした街としても有名な人気観光地のひとつです。また、市内からは世界遺産に登録されたルーネンバーグへ車で1時間ほど、名所であるペギーズコーブには30分ほどで向かうことができるため、観光の拠点地として訪れる旅行客も多く見られます。
ハリファックス公式サイト:https://www.halifax.ca/

ハリファックス – ノバスコシア州の主な観光地

ルーネンバーグ / Lunenburg

ルーネンバーグはノバスコシア州にある港町であり、1753年にイギリスの植民地として建設されました。当時の姿をそのまま残す町並みは“ルーネンバーグ旧市街”として1995年にユネスコの世界遺産に登録されています。旧市街には赤・青・黄色などカラフルな外観をした家々が並び、その特徴的な町並みから「北米大陸で一番美しい街」とも呼ばれます。街を散策すれば港に停泊する大きな観光船“ブルーノーズII”やギャラリーなどで陶磁器を作る職人の姿を見ることもでき、ルーネンバーグには毎年多くの観光客が訪れます。

所在地119 Cumberland Street, Lunenburg, Nova Scotia, Canada B0J 2C0
電話番号+1 902-634-4410
公式サイトhttps://www.explorelunenburg.ca/visitor-information.html

ペギーズコーブ / Peggy’s Cove

ハリファックスから車で約30分の位置にある漁村“ペギーズコーブ”は、ノバスコシア州で人気の観光地です。カヤックやハイキングなどのアクティビティを楽しんだり、名物のロブスターを食べるために訪れる旅行客も多く見られます。中でも一番の名所はシンボルとしてそびえ立つ“ペギーズコーブ灯台”です。州内で有名な灯台のひとつで、別名「ペギーズ・ポイント灯台」と呼ばれます。白い灯台と青い海のコントラストが美しく、その姿を撮影するためにカメラマンが世界各地から訪れます。また、灯台の近くにはレストランがありペギーズコーブの海を眺めながら新鮮なシーフードを堪能することができます。

所在地Peggy’s Cove, Nova Scotia, Canada
電話番号+1 425-247-1895
公式サイトhttp://www.peggyscoveregion.com/

ハリファックス・シタデル国定史跡/ Halifax Citadel National Historic Site

ハリファックスのダウンタウン北側に位置するシタデル国定史跡は1749年にイギリスによって建てられた8角形の星形要塞です。丘の上に建てられた要塞からは街全体を一望でき、敷地内では英国陸軍砲兵隊による大砲を鳴らす式典や衛兵の交代式、ケルト民族のコスチュームを着用した音楽隊によるバグパイプの演奏など多彩なイベントが行われます。要塞の中は博物館となっており、展示された多数の軍事資料を見ながらシタデルの歴史を学ぶことができます。

所在地5425 Sackville St. Halifax, NS
営業時間10:00~16:00
電話番号+1 902-426-5080
公式サイトhttps://www.pc.gc.ca/en/lhn-nhs/ns/halifax

大西洋海洋博物館 / Maritime Museum of the Atlantic

ハリファックスの湾岸沿いにある大西洋海洋博物館はカナダで最も古く、最大の規模を誇る海洋博物館です。蒸気船や世界大戦時の軍艦、1917年に水路で発生した大災害“ハリファックス大爆発”など様々な海洋史に纏わる展示が行われ、30,000点を超える遺物や写真が保管されています。また、ハリファックスは1912年に沈没したタイタニック号の犠牲者や生存者の引き上げを行ったゆかりの地でもあるため、館内には専用の展示コーナーが設置されています。精巧に作られたタイタニック号の模型、当時船で使われていたまな板やゲーム盤などの遺品、航海記録などを実際に見ることができます。

所在地1675 Lower Water Street Halifax, Nova Scotia CANADA B3J 1S3
営業時間(火~土)9:30~16:00(日)13:00~16:00
電話番号+1 902-424-7490
公式サイトhttps://maritimemuseum.novascotia.ca/

管轄の大使館と州内の主要施設

在モントリオール日本国総領事館

所在地1 Place Ville Marie, Suite 3333 Montreal, Quebec H3B 3N2 CANADA
電話番号+1 514-866-3429
開館時間9:00~12:30、 13:30~17:00
休業日休日、日本およびカナダの祝日
公式サイトhttps://www.montreal.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

ノバスコシア州 新型コロナウイルス関連施設

病院http://www.nshealth.ca/locations?field_geofield_distance[distance]=10&field_geofield_distance[origin]=Enter%2BStreet%2BAddress%2Bor%2BPostal%2BCode&field_location_type_tid[]=59
検査https://www.nshealth.ca/coronavirustesting

ハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港

所在地Reserve Mines, Nova Scotia Canada B1E 1L2
電話番号+1 902-873-4422
公式サイトhttps://halifaxstanfield.ca/

J.A. ダグラス・マカーディー・シドニー空港

所在地P.O. Box 4521 Reserve Mines, Nova Scotia Canada B1E 1L2
電話番号+1 902-564-7720
公式サイトhttp://www.sydneyairport.ca/

ハリファックス警察

所在地1975 Gottingen Street Halifax, Nova Scotia B3J 2H1
電話番号+1 902-490-5016
公式サイトhttps://www.halifax.ca/fire-police/police

カナダ渡航では、カナダ政府が施行している入国制限、滞在先の州政府が施行している新型コロナウイルス対策や公衆衛生命令などを遵守する必要があります。渡航前に滞在先州で施行中の措置をご確認ください。

カナダ入国に関する新型コロナウイルスと渡航制限の最新情報はこちらよりご確認ください。

eTA Online Centerではご利用のブラウザ Internet Explorer でのサイト利用を推奨しておりません。(一部コンテンツを正常に表示できない場合があります。)
Microsoft Edge / Google Chrome / Safari / Mozilla Firefox のいずれかをご利用ください。推奨ブラウザについて詳細はこちら