サスカトゥーン/レジャイナ – サスカチュワン州のコロナと入国 最新情報

eTA申請はこちら 出発の72時間前までにお願いします
Menu

サスカトゥーン/レジャイナ – サスカチュワン州のコロナと入国 最新情報

  • サスカチュワン州
  • サスカトゥーン
  • レジャイナ
  • 入国制限
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報

更新日 : 配信日 :

目次

サスカトゥーン/レジャイナ – サスカチュワン州のコロナと入国 最新情報

サスカトゥーン/レジャイナ – サスカチュワン州の新型コロナウイルス対策

サスカチュワン州では新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために公衆衛生対策が講じられています。州内では以下の公衆衛生対策を遵守しなければなりません。

  • 屋内の公共スペースではマスクを着用すること
  • 他人との距離を2メートル以上に保つこと
  • 症状が軽度であっても体調不良の際は自宅待機を行うこと
  • 石鹸を使用した手洗いをこまめに行うこと
  • 手洗いや消毒を行っていない手で目、鼻、口に触れないこと

マスク着用義務

サスカチュワン州は州内の医療施設や小売店、建物の共用エリアなど屋内公共スペースでのマスク着用を義務付けています。マスクの代用品としてバンダナやフェイスシールドの使用は認められません。なお、マスク着用義務は2歳未満の子供や医師によってマスク着用が困難と判断されている方などに限り免除されます。詳細は州政府のマスク着用義務に関する案内を確認してください。

サスカトゥーン/レジャイナ – サスカチュワン州の検疫体制

カナダでは2021年9月7日より、全ての国・地域を対象にワクチン接種完了者の入国が認められています。入国条件に関する最新情報は“カナダ渡航を計画中の方へ”をご確認ください。
サスカチュワン州では海外からの渡航者を検疫対象としています。海外からの渡航者はカナダ連邦政府が入国者に対し実施している検疫措置に従う必要があります。

サスカチュワン州の州境制限

サスカチュワン州は州境制限を実施していません。他州および国外からの来訪を許可していますが、海外渡航者や発熱、咳などの軽症状が見られる方を対象に14日間の自己隔離を命じています。同州に訪れる全ての渡航者は州内で施行される規制措置に従った行動が義務付けられます。

サスカチュワン州の新型コロナウイルス感染状況(2021年9月25日更新)

9月24日現在、カナダ国内およびサスカチュワン州内における新型コロナウイルスの累計感染者数は以下の通りです。

カナダ国内:1,598,807人

サスカチュワン州:64,402人(前日比+527人)

  • 現在の感染者数:4,734人(前日比+19人)
  • 累計死亡者数:663人(前日比+5人)
  • 検査実施件数:1,109,805件(前日比+3,957件)

サスカトゥーン:15,520人(前日比+100人)

  • 現在の感染者数:1,095人(前日比-5人)
  • 累計死亡者数:128人
  • 検査実施件数:295,631件(前日比+645件)

レジャイナ:13,279人(前日比+52人)

  • 現在の感染者数:515人(前日比+3人)
  • 累計死亡者数:163人(前日比+2人)
  • 検査実施件数:226,907件(前日比+648件)

サスカトゥーン/レジャイナ – サスカチュワン州の新型コロナウイルス最新ニュース

新型コロナウイルスの世界的流行により、カナダ各州では独自の規制や取り組みを導入しています。サスカチュワン州で施行中の公衆衛生対策や検疫状況などについての最新情報を事前にご確認ください。

9月17日よりマスク着用義務を再導入(9月17日配信)

州政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスク着用義務を再導入しました。サスカチュワン州では7月に全ての制限措置が解除されましたが、9月17日より屋内公共スペースでのマスク着用が義務となります。
また、商業施設の利用者やイベント参加者に対しワクチン接種証明書または陰性証明書の提示を義務付けます。10月1日より、以下の対象施設にて実施される予定です。

  • レストラン、カフェ(屋内席のみ)
  • ナイトクラブ、バー
  • 映画館、劇場、美術館、カジノ
  • チケット制のイベント会場
  • 屋内のフィットネス施設、スポーツジム

なお、12歳未満の子どもは陰性証明書およびワクチン接種証明書の提示は不要となります。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

経済活動の再開計画が7月11日よりステップ3へ移行 全ての制限を解除へ(7月8日配信)

州政府は7月11日より再開計画(Re-Opening Roadmap)をステップ3へ移行すると発表しました。サスカチュワン州では住民の71%が少なくとも1回目、50%が2回目のワクチン接種を完了しています。ステップ3への移行に伴い、集会制限やマスク着用義務を含み全ての制限措置が解除となります。ただし、州政府はワクチン接種を完了していない場合、屋内でのマスク着用を検討するよう求めています。
詳しくは州の公式発表をご確認ください。

経済活動の再開計画 6月20日よりステップ2へ移行(6月21日配信)

州政府は6月20日より経済活動の再開計画(Re-Opening Roadmap)をステップ2へ移行しました。主に以下の制限措置が緩和されますが、屋内でのマスク着用や社会的距離の保持などの公衆衛生対策は引き続き有効となります。

  • 屋内での個人的な集まりは最大15人までの参加が認められます。
  • 飲食店は同テーブルの着席人数の制限が撤廃されます。
  • 小売店は社会的距離の保持を条件に収容人数の制限が撤廃されます。
  • 屋内でのチームスポーツは再開が認められます。
  • 映画館、劇場、図書館、バンケットホール、会議場などの屋内施設の収容人数は最大150人まで認められます。
  • 集会は屋内外ともに最大150人までの参加が認められます。

なお、州内のワクチン接種率がステップ3への移行条件「18歳以上の70%が少なくとも1回のワクチン接種を完了」に近づいているため、州政府はステップ3への移行日を7月11日に決定しました。ステップ3ではマスク着用義務や集会制限を除く全ての制限措置が解除される予定です。サスカチュワン州の新型コロナウイルスに関する最新情報は州公式ページをご確認ください。

経済活動の再開計画 5月30日よりステップ1を開始(5月31日配信)

州政府は5月30日より経済活動の再開計画(Re-Opening Roadmap)のステップ1を開始。サスカチュワン州では同世帯者以外との個人宅での集会が4月中旬より禁止されていましたが、最大10人で集まることが許可されました。その他、ステップ1で緩和される措置は以下の通りです。

  • 屋内での集会は最大30人の参加が認められます。
  • 屋外での集会は最大150人の参加が認められます。
  • レストランやバーなどの飲食店は同テーブルに最大6人の着席となります。
  • 礼拝は収容人数の30%かつ最大150人までの参加が認められます。
  • 屋外でのチームスポーツは再開が認められます。
  • エアロビクスなど激しい運動を伴うフィットネスクラスは、社会的距離の保持を条件に再開が認められます。

ステップ2への移行は6月20日を予定しており、さらなる集会制限の緩和や屋内でのスポーツやレクリエーション活動の再開が認められます。詳しくは州公式ページをご確認ください。

経済活動の再開計画 6月20日よりステップ2へ移行予定(5月25日配信)

サスカチュワン州のワクチン接種率は、経済活動の再開計画のステップ2への移行条件「30歳以上の70%が1回目のワクチン接種完了」に達しました。経済活動の再開計画は5月30日より開始が予定されており、ステップ1では主に集会制限が緩和されます。各ステップには3週間留まることが条件とされているため、6月20日よりステップ2へ移行する予定です。ステップ2では飲食店や屋内施設、小売店などの制限が緩和されますが、引き続き屋内でのマスク着用は州全域で義務となります。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

経済活動の再開計画 ステップ1開始の目標日を5月30日に設定(5月13日配信)

40歳以上の70%以上が1回目のワクチンを接種したため、州政府は経済活動の再開計画を今月末にも開始すると発表しました。ステップ1開始の目標日は5月30日を設定し、主に集会制限の緩和を予定しています。詳しくは州の公式発表をご確認ください。
また、5月17日よりレジャイナ地域での制限措置が一部緩和され、飲食店は店内での飲食が可能となります。サスカチュワン州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

感染者増加に伴い、同世帯者以外との接触を禁止(4月16日配信)

州政府は感染者の増加に伴い、4月14日より州全域で同世帯者以外との接触を禁止しました。一人暮らしの場合は5人未満の1世帯のみと接触することが認められます。サスカチュワン州では3月下旬より感染者が増加し続けており、4月15日時点における新規感染者の7日間平均は1週間前に比べ25%上昇しています。変異株の症例も一部地域で増加していることから、保健当局は「他地域への不要不急の移動を控えてください」と呼びかけています。
また、4月16日より礼拝の参加人数が30人までに制限されます。現在施行されている制限措置の詳細は州公式ページをご確認ください。

レジャイナ地域の制限措置を強化(3月24日配信)

州政府はレジャイナにて変異株の症例が増加していることを鑑みて、制限措置を強化しました。3月23日より以下の措置が講じられます。

  • 同世帯者以外との屋内集会は禁止となります。
  • 可能な限り在宅勤務を行うよう要請されます。
  • 飲食店はテイクアウト、配達サービスのみの営業となります。
  • 劇場、美術館、映画館、バンケットホール、会議施設などの屋内施設は閉鎖となります。

また、州政府はレジャイナ地域への往来を控えるよう強く要請しています。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

同世帯者以外との集会を許可(3月10日配信)

感染者数と入院者数の減少に伴い、州政府は集会制限を緩和しました。12月より同世帯者以外との屋内での集会が禁止されていましたが、3月9日より最大3世帯かつ10人までに限り認められます。また、礼拝における制限も緩和され、収容人数が30%以下かつ150人までの参加が許可されます。詳しくは州の公式発表をご確認ください。

制限措置を3月19日まで延長 (2月20日配信)

州政府は12月中旬より施行されている制限措置をさらに延長し、3月19日まで継続すると発表しました。

  • 屋内スペースでのマスク着用が義務付けられます。
  • 屋内での集会は同世帯者のみに限られます。
  • 屋外での集会は社会的距離の保持を条件に最大10人までの参加が認められます。
  • 美容院やエステ、マッサージ店などの収容人数はスタッフを含め50%以下となります。
  • イベント会場や美術館、映画館、アリーナ、バンケットホールなどの屋内施設の収容人数は最大30人となります。なお、イベント中は全てのゲストが着席していることが求められます。
  • 小売店は収容人数が50%以下となります。
  • ショッピングセンターなどの大規模な商業施設では収容人数が25%以下となります。
  • 飲食店では同テーブルの着席が4人までとなります。

州内の感染者数は1月中旬のピークを境に減少が続いており、現地時間2月19日の発表では新規感染者 146人、入院者数172人となっています。また、ワクチンは計53,030回分の投与が完了したと発表されています。
サスカチェワン州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

制限措置のさらなる延長について (1月27日配信)

州政府は12月中旬より施行されている制限措置をさらに延長すると発表しました。2月19日まで以下の措置が講じられます。

  • 屋内での集会は同世帯者のみに限られます。
  • 屋外での集会は社会的距離の保持を条件に最大10人までの参加が認められます。
  • 美容院やエステ、マッサージ店などの収容人数はスタッフを含め50%以下となります。
  • イベント会場や美術館、映画館、アリーナ、バンケットホールなどの屋内施設の収容人数は最大30人となります。なお、イベント中は全てのゲストが着席していることが求められます。
  • 小売店は収容人数が50%以下となります。
  • ショッピングセンターなどの大規模な商業施設では収容人数が25%以下となります。
  • 飲食店では同テーブルの着席が4人までとなります。

サスカチュワン州では昨年末より感染者数が増加していましたが、1月中旬より減少傾向にあります。現地時間1月26日の発表では新規感染者数230人、現在の陽性者は2,655人、入院者数202人となっています。ワクチンの接種も進んでおり、現地時間1月25日時点で34,080回分の投与が完了したと発表されました。
サスカチュワン州の新型コロナウイルスに関する情報は州公式ページをご確認ください。

制限措置の延長について (1月13日配信)

ホリデーシーズン中の措置として12月17日より段階的に施行された制限措置が延長されました。引き続き講じられる主な措置は以下の通りです。

  • 屋内での集会は同世帯者のみに限られます。
  • 屋外での集会は社会的距離の保持を条件に最大10人までの参加が認められます。
  • 美容院やエステ、マッサージ店などの収容人数はスタッフを含め50%以下となります。
  • イベント会場や美術館、映画館、アリーナ、バンケットホールなどの屋内施設の収容人数は最大30人となります。なお、イベント中は全てのゲストが着席していることが求められます。
  • 小売店は収容人数が50%以下となります。
  • ショッピングセンターなどの大規模な商業施設では収容人数が25%以下となります。
  • 飲食店では同テーブルの着席が4人までとなります。

サスカチュワン州ではクリスマス前より感染者数の減少が見られましたが、1月に入り再び増加しています。州政府は当措置を少なくとも2週間延長すると発表しました。

ホリデーシーズン中の制限措置について (12月16日配信)

州政府はホリデーシーズン中の制限措置について発表しました。現在施行中の規制に加え、12月17日より段階的に追加措置が講じられます。措置の概要は以下の通りです。

12月17日より施行

  • 屋内での集会は同世帯同士のみ認められます。
  • 屋外での集会は社会的距離の保持を条件に最大10人までの参加が認められます。

12月19日より施行

  • カジノ、ビンゴホールは閉鎖となります。
  • 美容院やエステ、マッサージ店などの収容人数はスタッフを含め50%以下となります。
  • イベント会場や美術館、映画館、アリーナ、バンケットホールなどの屋内施設の収容人数は最大30人となります。なお、イベント中は全てのゲストが着席していることが求められます。

12月25日より施行

  • 小売店は収容人数が50%以下となります。
  • ショッピングセンターなどの大規模な商業施設では収容人数が25%以下となります。

サスカチュワン州では当措置以外にも多くの規制が講じられています。詳しくはこちらのページをご確認ください。

制限措置の強化について (11月27日配信)

州政府は11月27日より新たな制限措置を施行すると発表しました。既に施行されている酒類の販売時間の制限や集会制限、マスク着用義務等に加え、以下の措置が講じられます。

  • 飲食店における同テーブルの着席は4人までとなります。また、利用客の連絡先情報の登録が義務付けられます。
  • カジノやコンサート会場、映画館などの屋内施設は収容人数が最大で30人までとなります。
  • 結婚式や葬儀、会議など屋内の公共スペースでの集会は最大30人までとなります。
  • グループで行うスポーツやレクリエーションは禁止となります。なお、18歳以下はマスクの着用と社会的距離の保持を条件として8人以下のグループでのスポーツが認められます。
  • マスク着用義務の対象範囲が拡大され、屋内のフィットネス施設での運動時にもマスク着用が求められます。

サスカチュワン州では新型コロナウイルスの感染者が増加し続けており、医療体制がひっ迫している状況です。州政府は「今後数週間で感染者数を減らすため当措置を施行します」と説明しました。

州全域でマスク着用が義務化 (11月19日配信)

州政府は屋内の公共スペースでのマスク着用を義務とする対象地域を拡大しました。11月16日より人口が5,000人以上の全59地域が対象となっていましたが、19日より州全域でマスク着用が義務となります。マスク着用ルールに関する情報はこちらのページをご確認ください。
また、集会制限が強化され、最大10人とされていた個人宅での集会人数は住人を含み5人までとなります。サスカチェワン州の新型コロナウイルスの情報はこちらをご確認ください。

マスク着用義務の対象地域拡大について (11月17日配信)

州政府はマスク着用が義務となる対象地域を拡大しました。11月6日よりサスカチュワン、レジャイナ、プリンス・アルバートの屋内スペースおいてマスク着用が義務化されていますが、11月16日より人口が5,000人以上の全59地域が対象となります。サスカチュワン州のマスク着用のルールについてはこちらのページをご確認ください。
なお、サスカチュワン州では11月16日より新たな制限措置が講じられています。飲食店での酒類の販売は午後10時まで、飲食は午後11時までとなります。また、スポーツジムやフィットネス施設でのレッスンは最大8人までに制限することが求められます。

新たな制限措置について (11月5日配信)

州政府は11月6日より集会制限を強化し、一部地域でマスク着用を義務化すると発表しました。最大15人までとされていた個人宅での集会の参加人数は住民を含み10人までとなります。また、サスカチュワン、レジャイナ、プリンス・アルバートでのマスク着用を義務化。2歳未満の子どもや健康上の理由などでマスク着用が困難な方を除き、屋内の公共スペースにおいてマスク着用が必須となります。3つの都市のみで義務となりますが、保健当局は当地域以外でもマスクを着用することを強く推奨しています。

10月16日より集会制限を強化 (10月16日配信)

州政府は集会などでの接触による症例の増加を鑑みて、集会制限を強化することを発表しました。10月16日より個人宅での集会の制限人数が30人から15人へ縮小されます。当措置は飲食店や宴会場、結婚式場、教会、葬儀場など公共のスペースには適用されませんが、個人宅で行われる結婚式や葬儀などの集まりは15人が上限人数となります。
州政府は現地時間10月15日の新規感染者数33人のうち25人が集会に関連していると報告しました。また、累計感染者数は2,232人、死者は25人、回復者数は1,936人と発表されています。
サスカチュワン州の新型コロナウイルスへの対応はこちらのページをご確認ください。

秋のイベントにおけるガイドラインを発表 (10月1日配信)

サスカチュワン州政府は秋のイベントにおけるガイドラインを発表しました。新型コロナウイルスの感染予防対策をしながらハロウィンや感謝祭などのイベントを安全に楽しむことを推奨しています。ガイドラインでは全てのイベントの参加人数を屋内外ともに最大30人に制限。2メートルの社会的距離を保持することが義務付けられ、社会的距離の保持が困難な場合にはマスク着用が推奨されます。また、ガイドラインはイベントごとに詳細に策定されており、ハロウィンではお菓子を配る方に対し手指の消毒を頻繁に行うことや市販の包装されたお菓子の配布を求めています。秋のイベントのガイドラインに関する詳細はこちらのページをご確認ください。

なお、9月30日を期日としていた緊急事態宣言は10月13日まで延長されました。州の最新発表によると、累計感染者数は1,913人で現地時間の9月30日に報告された新規感染者数は14人となっています。サスカチュワン州の新型コロナウイルスへの対応はこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を9月30日まで延長 (9月18日配信)

州政府は9月16日を期日としていた緊急事態宣言を9月30日まで延長しました。現地時間9月17日の発表では、新型コロナウイルスの累計感染者数は1,757人、9月17日の新規感染者数は7人、現在の感染者数109人、死者数は24人と報告されています。
また、州内に2か所のドライブスルー検査場がオープンし、症状の有無に関わらず受診が可能となっています。サスカチュワン州の新型コロナウイルスへの対応はこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を9月16日まで延長 (9月10日配信)

サスカチュワン州は9月2日を期日としていた緊急事態宣言を9月16日まで延長しました。最新の州政府による発表では、新型コロナウイルスの累計感染者数は1,670名、死者数24名、回復者数1,587名と報告されています。なお、経済活動の再開計画は第4段階まで進められ、集会制限などが施行されています。詳しくはこちらのページをご確認ください。

緊急事態宣言を9月2日まで延長 (8月26日配信)

州政府は8月19日を期日としていた緊急事態宣言を9月2日まで延長しました。 現在、経済活動の再開計画は第4段階まで進められています。施行されている制限措置の主な内容は以下の通りです。

  • イベントや集会の参加人数は屋内外ともに30人までに制限されます。
  • 飲食店やスポーツジムなどのスタッフは、社会的距離の保持が困難な場合にマスク着用が義務付けられます。

サスカチェワン州の感染状況はこちらのページをご確認ください。感染者数や検査数、地域ごとの感染状況などが詳しく掲載されています。

公衆衛生の緊急事態宣言を8月19日まで延長 (8月11日配信)

サスカチュワン州は公衆衛生の緊急事態宣言を8月19日まで延長しました。また、州政府は9月に学校を再開することを目指しており、学校を安全に再開させるための計画“Safe School Plan”を公表しています。詳細はこちらをご確認ください。

経済活動の再開計画 第4段階のパート4が開始 (7月22日配信)

サスカチュワン州は経済活動の再開計画をさらに進めると発表。7月21日より第4段階のパート4へ移行し下記の制限緩和が施行されます。

  • ドライブインシアターでの車間距離は5メートルから2メートルへ短縮されます
  • フィットネス施設は24時間営業が認められます
  • キャンプ場内のランドリーは州のガイドラインに従うことを条件に使用が認められます

この他、州のガイドラインを遵守することを条件に訪問販売やガレージセールなどの再開も認められました。
経済活動の再開計画 第4段階のパート4についての詳細はこちらをご確認ください。

経済活動の再開計画 第4段階のパート3が開始 (7月3日配信)

サスカチュワン州は経済活動の再開計画をさらに進めることを発表しました。
7月6日より制限が緩和される主な内容は以下の通りです。

  • プール、スケートリンクなどの屋内スポーツ施設の再開が認められます
  • 音楽、演劇、ダンスなどの舞台芸術の再開が認められます
  • レストランなどの飲食店は座席数の制限が緩和され、引き続き営業が許可されます

また、7月9日よりカジノなどの遊興施設、7月16日より競馬場やロデオ大会の再開が認められる予定です。
経済活動の再開計画 第4段階のパート3についての詳細はこちらをご確認ください。

経済活動の再開計画 第4段階のパート2が開始 (6月26日配信)

サスカチュワン州では経済活動の再開計画における第4段階のパート2が開始されます。
美術館、図書館、映画館などの文化施設は6月29日より再開が認められます。屋内スポーツ施設やカジノなどは引き続き閉鎖となりますが、今後2週間を目途に再開に関する詳細が発表される予定です。
また、6月26日より以下の規制緩和が施行されました。

  • 州立公園、キャンプ場はこれまでの制限が全て撤廃され営業の再開が認められます
  • 屋外スポーツの制限が改定され、試合や競技の実施が認められます
  • ジム、キャンプ場、ゴルフ場などのシャワーやロッカールームの使用が許可されます

経済活動の再開計画 第4段階のパート2についての詳細はこちらをご確認ください。

経済活動の再開計画 第4段階のパート1が6月22日から開始 (6月16日配信)

サスカチュワン州は感染拡大状況を鑑み、経済活動の再開計画を第4段階へ移行することを発表しました。第4段階はパート1と2に分かれ、パート2の開始日は未定としています。
第4段階のパート1では社会的距離の保持を講じた上で、屋内での集会の人数制限は最大30人までに拡大されます。パート2では屋内プール、図書館、美術館、映画館などの規制緩和が行われる予定です。
経済活動の再開計画 第4段階のパート1についての詳細はこちらをご確認ください。

6月8日からノースウエスト準州間での移動制限を解除 (6月2日配信)

ノースウエスト準州では3月18日に発令された公衆衛生上の緊急事態宣言により近隣州間の移動が制限されていましたが、6月8日より一部の制限が解除されます。
ノースウエスト準州の南部と接するサスカチュワン州北西部のラ・ロッシュ村では、開始が遅れていた経済活動の再開計画を6月8日より第2段階に移行することを決定。それに伴い、ノースウエスト準州とサスカチュワン州間における移動制限を解除することが発表されました。
ラ・ロッシュ村を除くサスカチュワン州内は6月8日より再開計画の第3段階が施行されます。
両州間における移動制限解除に関する詳細はこちらをご確認ください。

公衆衛生上の緊急事態宣言を6月10日まで延長 (5月28日配信)

3月18日に発令された公衆衛生上の緊急事態宣言は幾度の延長を繰り返し5月27日までとしていましたが、さらに6月10日まで延長することが発表されました。
緊急事態宣言では手洗いや社会的距離保持の徹底とともに、主に以下の行動が求められます。

  • 屋内外の集会は最大10人までとする
  • 不要不急の海外旅行は延期や中止を要請
  • 新型コロナウイルスの陽性患者と濃厚接触をした方は強制的に14日間の自己隔離の対象とする
  • 病院や特別養護老人ホームなどへの訪問は家族関係者のみに限られ、入場口で検温や診断を実施する
  • 保育施設は育児ガイドラインを遵守したうえで、同室内の子供は最大8人までに制限する
  • 公立および私立の教育機関は初等から中等を対象に当面の期間において授業を禁止する

サスカチュワン州における緊急事態宣言の詳細はこちらをご確認ください。

経済活動の再開計画 第3段階が6月8日から開始 (5月21日配信)

現在、経済活動の再開計画が第2段階まで進んでいるサスカチュワン州は、6月8日より第3段階へ移行をすることを発表しました。
第3段階では以下の営業再開が許可されます。

  • レストランや認可された施設(制限付き)
  • ジムやフィットネス施設
  • 育児施設
  • 礼拝所
  • 個人サービス業(エステ、ネイル、日焼けサロン、小児科など)
  • 屋内での最大15人までの集会
  • 屋外での最大30人までの集会

再開計画の第3段階に関する詳細はこちらをご確認ください。

経済活動の再開計画 第2段階が5月19日から開始 (5月14日配信)

州政府は5月4日より開始されていた州の経済活動再開計画を第2段階へ移行することを発表しました。
第2段階で営業の再開が許可される業種は以下の通りです。

  • 小売業
  • ショッピングモール
  • 個人サービス業(美容、理容、マッサージ、セラピスト、鍼灸、指圧)
  • 市場やファーマーズマーケット

ただし、公衆衛生秩序に準ずる行動は引き続き必要であるとし、以下の予防措置を講じることを要請しています。

  • 屋内外の公的または私的な集まりは最大10人までとすること
  • 2メートル以上の社会的距離を保つこと
  • 不必要な外出を避けること
  • 過去2週間に接触した人物で新型コロナウイルスの陽性患者がいる場合は当該連絡先に連絡すること
  • 体調不良の場合は自宅にて待機すること

経済活動再開計画の第2段階についての詳細はこちらをご確認ください。

5月4日始動 経済活動の再開計画を発表(5月1日配信)

4月23日に発表されていたサスカチュワン州の経済再開計画ですが、5月1日に詳細情報が追加され内容が更新されました。
サスカチュワン州は新型コロナウイルスの影響で発令されていた制限を現地時間5月4日から段階的に解除していくことを発表しております。
再開計画の段階について詳しくはこちらをご確認ください。

また、サスカチュワン州ではアプリケーションSelf Assessment Toolにアクセスし新型コロナウイルスの症状を個人でテストするよう呼び掛けています。
Self Assessment Toolはこちらよりアクセスできます。

サスカトゥーン/レジャイナ - サスカチュワン州のコロナと入国制限 最新情報 | eTA Online Center

サスカチュワン州 概要

カナダの中西部に位置するサスカチュワン州にはプレーリーと呼ばれる大平原が広がっています。他州と比較して平地の割合が多い自然豊かな地域であり、州経済の中心は農業が担います。レンズ豆やエンドウ豆の輸出量は世界最大で、パンやパスタの原料となるデュラム小麦の世界総輸出量の3分の1を同州が占めます。また、州内にはウランやカリウムの鉱山があり、農業以外にも鉱物や石油などの生産地としても知られます。サスカチュワン州の気候は夏と冬の寒暖差が大きく、特に冬は厳しい寒さが続きます。1月の最高気温はマイナス10度、最低気温がマイナス20度以下を記録することもあるため十分な防寒対策が必要です。その一方で1年を通して天気が良い日が多く、日照時間が長い地域でもあります。紫外線対策として冬の時期でもサングラスがあると良いでしょう。

サスカチュワン州首相スコット・モエ
州面積651,900 km²
人口約117万人
州都レジャイナ
日本との時差-15時間
州政府公式サイトhttps://www.saskatchewan.ca/

サスカトゥーン / Saskatoon

サスカチュワン州最大の都市“サスカトゥーン”は州の中央部に位置します。都市名はこの地で採れる“サスカトゥーンベリー”が由来であり、果実を使ったジャムやお菓子などが名産品です。市内にはサウスサスカチュワン川が流れ、ブロードウェイ橋やユニバーシティ橋をはじめとした7つの橋が架かることから「橋の街」や、街並みの美しさから「プレーリーのパリ(The Paris of the Prairies)」と呼ばれます。中央地区には1930年にカナディアン・ナショナル鉄道によって建設された“ホテル・ベスボロー”があり、サスカトゥーンのランドマークとして親しまれます。ドイツのバイエルン城を模した写真映えする外観は撮影スポットとしても人気のほか、再開発によって大型商業施設や映画館、ホテル、スパなどが建てられたダウンタウンの南部“リバーランディング地区”も旅行客が多く訪れる観光地となっています。

レジャイナ/ Regina

サスカチュワン州の中央南部に位置する“レジャイナ”は同州の州都で、麦やトウモロコシなど穀物の生産が盛んな地域です。州の人口はサスカトゥーンに次いで2番目に多い約23万人が暮らしています。緑の多い都市として知られ、街の中心地には広大な都市公園“ワスカナ・センター”が広がります。園内にはワスカナクリークという小川をせき止めて作られた人工湖“ワスカナ湖”があり、ボートや釣りが楽しめるレジャースポットとして人気です。また、レジャイナは赤い制服が特徴的な“王立カナダ騎馬警察/RCMP”発祥の地としても有名で、州内のRCMP博物館(ヘリテージセンター)は観光名所になっています。

サスカトゥーン/レジャイナ – サスカチュワン州の主な観光地

RCMPヘリテージセンター / RCMP Heritage Centre

“Royal Canadian Mounted Police”の略称であるRCMPは王立カナダ騎馬警察を意味し、レジャイナはその発祥地として知られます。現在、RCMP本部はオタワに移されていますが、市内の本部跡地にヘリテージセンターが建てられました。館内では1873年に発足されたRCMPの歴史を学ぶことができ、本物の制服や勲章なども展示されます。また、RCMP候補生の訓練の一環として毎日12時からパレードが行われ、点呼の様子や演奏、行進などを実際に見ることができます。

所在地5907 Dewdney Ave Regina, SK CANADA S4T 0P4
電話番号+1 306-522-7333
営業時間11:00~17:00
公式サイトhttps://rcmphc.com/

ワスカナ・センター / Wascana Centre

州都レジャイナの中央に位置する“ワスカナ・センター”は人工湖であるワスカナ湖を囲う形で作られた公園です。総面積7930ヘクタールを誇る広大な敷地の中には35万本以上の木々が植えられています。自然溢れるワスカナ・センターは観光客のみならず市民も沢山訪れる憩いの場となっており、ハイキングやカヌー、バードウォッチングなどを楽しむことができます。園内には庭園やレストラン、カフェのほかロイヤルサスカチュワン博物館、アートギャラリー、科学センターなど様々な施設が併設されます。

所在地2900 Wascana Dr, Regina, SK S4P 3S7 Canada
電話番号+1 306-522-3661
公式サイトhttps://wascana.ca/

西洋開発博物館 / Western Development Museum

西洋開発博物館はサスカチュワン州西部にある4つの開発博物館の中で最大規模を誇ります。館内では州経済が急成長した1910年頃の街並みが再現され、当時の理髪店や教会、消防署などの建物が30以上も並びます。忠実に再現された街の中にあるカフェでは実際に食事をすることができ、サスカチュワン州の家庭料理やデザートなどが楽しめます。また、過去に使用されていた古いトラクターやヴィンテージカーなども展示されており、まるでタイムスリップしたかのような体験ができる観光スポットとして人気です。

所在地2610 Lorne Avenue Saskatoon, SK S7J 0S6
電話番号+1 306-931-1910
営業時間9:00~17:00 ※元旦、ファミリーデー、グッドフライデー、感謝祭、リメンバランスデー、クリスマス、ボクシングデーは休館
公式サイトhttps://wdm.ca/

ミーワシントレイル / The Meewasin Trail

ミーワシントレイルはサスカチュワン川沿いにある約60kmのトレイルコースです。自然豊かな美しい風景を眺めながらサイクリングやジョギングなどが楽しめます。コース沿いには“コスモポリタンパーク”や“ロータリーパーク”などの公園もあり、ピクニックやバードウォッチングを行うために訪れる市民も多く見られます。また、トレイルコースの近くには歴史的な史跡や博物館、自然保護区などの名所も揃っているため、州内観光を行う際に訪れるのもオススメです。

所在地402 Third Avenue South Saskatoon, SK S7K 3G5
公式サイトhttps://meewasin.com/locations/

ワヌスケウィン・ヘリテージ・パーク / Wanuskewin Heritage Park

サスカトゥーンから5km程の距離にあるワヌスケウィン・ヘリテージ・パークは1987年に国定史跡に指定された遺跡群を保護する歴史公園です。園内では先住民である“ワヌスケウィン族”の歴史や文化を学ぶことができます。約6,000年前に使用されていた狩猟道具や土器、遺跡から発掘された動物の骨などが展示され、スタッフによるガイドツアーも行われています。併設するレストランではバイソンの肉を使った伝統的な料理が食べられるほか、屋外に建てられた先住民のテント式住居“ティーピー”では実際に宿泊することができます。

所在地Penner Road Saskatoon, SK, S7K 3J7
電話番号+1 306-931-6767
営業時間(火~日)10:00~17:00 ※時期によって異なります
公式サイトhttps://wanuskewin.com/

管轄の大使館と州内の主要施設

在カルガリー総領事館

所在地Suite 950, 517-10th Avenue SW Calgary, Alberta T2R 0A8
電話番号+1 403-294-078
Fax+1 403-294-1645
営業時間9:00~12:30、13:30~17:00
休業日休日、日本およびカナダの祝日
公式サイトhttps://www.calgary.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

レジャイナ空港

所在地1-5201 Regina Ave, Regina, SK S4W 1B3 Canada
電話番号+1 306-761-7555
公式サイトhttps://www.yqr.ca/

サスカトゥーン・ジョン・G・ディーフェンベーカー国際空港

所在地2625 Airport Dr, Saskatoon, SK S7L 7L1 Canada
電話番号+1 306-975-8900
公式サイトhttps://skyxe.ca/en-us/

サスカチュワン州 新型コロナウイルス関連施設

検査場https://www.saskatchewan.ca/government/health-care-administration-and-provider-resources/treatment-procedures-and-guidelines/emerging-public-health-issues/2019-novel-coronavirus/testing-information
医療サービス一覧https://www.saskatchewan.ca/residents/health/emergency-medical-services

サスカトゥーン警察

所在地76 25th Street East Saskatoon, SK S7K 3P9
電話番号+1 306-975-8300 (緊急時)911
公式サイトhttps://saskatoonpolice.ca/

レジャイナ警察

所在地1717 Osler St Regina, SK S4P 3W3
電話番号+1 306-777-6500 (緊急時)911
公式サイトhttps://reginapolice.ca/

カナダ渡航では、カナダ政府が施行している入国制限、滞在先の州政府が施行している新型コロナウイルス対策や公衆衛生命令などを遵守する必要があります。渡航前に滞在先州で施行中の措置をご確認ください。

カナダ入国に関する新型コロナウイルスと渡航制限の最新情報はこちらよりご確認ください。

関連記事

eTA Online Centerではご利用のブラウザ Internet Explorer でのサイト利用を推奨しておりません。(一部コンテンツを正常に表示できない場合があります。)
Microsoft Edge / Google Chrome / Safari / Mozilla Firefox のいずれかをご利用ください。推奨ブラウザについて詳細はこちら